【やばすぎ】山家順子容疑者の顔画像は?息子を殺す目的で自宅に火をつけ逮捕!

引用:pakutaso.com/

息子を殺害する目的で自宅に火をつけたとして、山家順子容疑者(46)が逮捕されました。
今回は事件の概要、山家順子容疑者の素顔や事件の動機、ネットの反応や罪の重さをまとめてみました。

スポンサーリンク




事件の概要

引用:headlines.yahoo.co.jp/

テレ朝newsなど各種メディアから以下の情報が入りました。

28日未明に埼玉県草加市で16歳の長男を殺害する目的で自宅に放火したとして、46歳の母親が殺人未遂の疑いで逮捕されました。
 山家順子容疑者は午前0時すぎ、一家4人が住む草加市の自宅に火を付けて16歳の長男を殺害しようとした疑いが持たれています。長男は手をやけどする軽傷です。警察によりますと、18歳の長女から「家が燃えている」と通報があり、消防車など10台が出動しました。この住宅には山家容疑者と夫(47)、長女、長男の一家4人が住んでいて、2階の一部が焼けましたが、夫と長女は避難してけがはありませんでした。
引用:kbc.co.jp/news/

山家容疑者は「自宅内にあった衣類に火を付けた」「息子を殺すつもりで家に火を付けた」と容疑を認めています。
引用:headlines.yahoo.co.jp/

母親が息子を殺す、しかも自分の家に火をつけてまで行為に及ぶというのは殺意が十分に感じられますね。

スポンサーリンク




山家順子容疑者のプロフィール

名 前  :    山家  順子

年 齢  :    47

職 業  :    不明

母親であるということから専業主婦であり、働いていない可能性があります。
なお今回、山家順子容疑者の顔画像ならびに本人のSNS関しては特定に至ることができませんでした。

こちらは今後情報が入り次第、更新していきたいと思います。

犯行動機

犯行動機は明らかにされていません。

引用:irasutoya.com/

ですが、息子の方が16歳と学生でしかも思春期で難しい時期だったので、親子の喧嘩から発展したものと考えられます。
とはいえ、今回の容疑者のやった行為は度が過ぎてますよね。

スポンサーリンク




犯行現場

犯行が起きた場所は埼玉県草加市になります。

 

スポンサーリンク




ネットの反応

こんなに家がきれいなのに。
他人の家庭は外から見ただけじゃ
わからないね。
幸せそうに見える夫婦でも
家庭内別居してるって
ふつうに言ってるひともいるし。。


息子は助かったけど、報道で母親が自分のことを殺そうとしたと知るだろうから、立ち直れないくらい傷つくのではないかなと心配です。本当に何があったのか。

コロナ休校で色々トラブルもありそうだよなぁ。子供はゲームばかりしてるし。
引用:headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク




罪の重さ

今回起こした事件は殺害未遂となります。どれほどの罪の重さなのでしょうか。

一口に殺害未遂といっても、凶悪なものから考慮されるべき事情があるなど様々であるもようです。

殺人未遂は,簡単にいえば,人を殺すつもりで殺そうとしたが死に至らなかった場合に成立します。
 具体的には,殺すつもりで相手の腹部に包丁を突き刺したが,重傷を負ったにすぎず,死に至らなかった場合が挙げられます。
 また,殺人未遂の刑期は,死刑または無期もしくは5年以上の懲役となっており,類型的に重罪であるといえますが,未遂罪においては刑法第43条前段により,任意的に刑が減軽されることがあるため,5年未満の懲役になる可能性があります。
引用:t-nakamura-law.com/

殺人未遂の成立条件としては殺意があること人が死亡する危険性がある行為を行うことが必要となります。

殺意とは,文字通り,殺害する意図をいい,様々な要素を考慮して判断されることになります。殺意には,殺害する意図だけでなく,死んでも構わないという程度の意図であった場合も含みます。
 具体的には,四肢以外の身体部分に対する攻撃であるか(四肢以外の身体部分に対する攻撃は,死亡する危険性が非常に高いといえるため。),四肢以外の身体部分に対する攻撃であることを認識しているか,攻撃の態様が執拗であるか,行為後に被害者を置き去りにしているか,等を総合して判断されます。
 なお,殺意が認められない場合でも,別途傷害罪等が成立する可能性が有ります。
引用:t-nakamura-law.com/

スポンサーリンク




まとめ

おそらく、今回はちょっとした親子喧嘩からはじまったであろうこの事件。
逮捕された母親には二度とこういうことを起こさないよう、更生を願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする