【ひき逃げ】渋谷博容疑者の顔画像が特定!中学生を車ではねて40m飛ばし逃走、逮捕!

引用:headlines.yahoo.co.jp/

東京都江戸川区の交差点で中学1年生の根井陽多さんを車ではねて死亡させ、そのまま逃走したとして渋谷博容疑者(53)が逮捕されました。

ここでは事件の詳細と逮捕に至った経緯、事件現場、渋谷博容疑者の顔画像、ネットの声をまとめてみました。

スポンサーリンク




事件の詳細

引用:headlines.yahoo.co.jp/

5月7日、東京都江戸川区の横断歩道を自転車で渡っていた12歳の中学1年生、根井陽多さんを車ではねてそのまま逃走したとして無職・渋谷博容疑者(53)逮捕されました。

根井陽多さんはその後病院に搬送されましたが、頭の骨を折るなどしてその後、死亡しました。

この事件はTBSニュース、テレ朝ニュース、FNN、日テレニュースが取りあげました。

7日、東京・江戸川区で12歳の男子中学生が乗用車にひき逃げされ死亡した事件で、53歳の男が警視庁に逮捕されました。

 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは江戸川区の無職、渋谷博容疑者(53)です。渋谷容疑者は7日正午頃、江戸川区北小岩の交差点で乗用車を運転中、自転車で横断歩道を渡っていた中学1年生の根井陽多さん(12)をはねて、そのまま逃げた疑いが持たれています。根井さんは病院に搬送されましたが、頭を骨折するなどしていて、その後、死亡しました。
引用:headlines.yahoo.co.jp/

なおその後の調べで衝突によって40メートル近く先まで飛ばされていたこと明らかにされました。相当スピードが出ていたことでしょう。
また、コロナのせいで仕事がなく、釣りに出かける途中だったことが明らかにされています。

容疑者は知人と一緒に川に釣りに行こうと思っていたとのことで、おそらく車で向かっていた途中だろうと思います。人をはねただけでなく、そのまま逃走してしまったなんてひどいですね。
ではなぜ今回の事件、逮捕に到ることができたのでしょうか?

スポンサーリンク




容疑者逮捕のきっかけは?

先ほどにもあったとおり、知人宅に川に釣りに行こうと思っていとのことです。事件を起こした約1時間後にその知人が住んでいる千葉県松戸市のほうに逃げ込みましたが、その知人が「人をはねたという話をしているのがうちに来ている」と通報したのがきっかけだそうです。

この知人が通報しなかったら犯人逮捕に時間がかかったうえにその知人も逮捕されていたに違いないでしょう。

なお今回の逮捕に容疑者は「事故を起こし、救護することなく怖くなって現場から逃げてしまったことに間違いありません」と認めています。

なお、今回はねて押収された車はこちらになります。フロントガラスが割れてしまっていますね、減速したようには感じられません。

引用:headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク




事件現場は?

渋谷博容疑者が中学生をはね、逃げた現場は東京都江戸川区の北小岩の国道とのことです。

 

渋谷博容疑者のプロフィール

引用:headlines.yahoo.co.jp/

名  前 : 渋谷 博

年  齢 : 53

職  業 : 無職

住  所 : 江戸川区

なお渋谷博容疑者のfacebookの特定はできませんでした。多数の同姓同名の人がいましたが、容疑者自身SNSをやっていない可能性があります。

スポンサーリンク




ネットの声

今回の事件にネットの声が集まりましたのでここに載せたいと思います。

まだ1度も登校してないであろう中学校‥真新しい制服や教材だけ残されて親はわけわからないよね。だって朝は居たんだから‥ 救護してたら助かったかもしれないのに‥ この子の未来と、この子の親の未来への償いが、たかだか数年だなんて当事者じゃなくても許せない

中学生は怖いも何も一瞬で人生シャットダウンさせられてしまった
せめて、逃げずにドライバーとしての義務を果たして欲しかったな

「怖くなって逃げた」53歳にもなって言うことではない。
車を運転すれば事故を起こすリスクは誰にでもあり注意してリスクを減らせても、人は完璧ではないからゼロにはできない。
監視カメラ社会で轢き逃げは逃げきれないばかりか罪を重くする自損行為だ。
事故を起こす前の冷静なうちに、起こした時のことは想定しておくべきだ。
法定の最低限やるべきこと、エンジン停止・応急救護・通報しろよ!
引用:headlines.yahoo.co.jp/

容疑者を非難している声が集まっています。

スポンサーリンク




まとめ

今回はひき逃げの事件のニュースを取りあげました。
車ではねても逃げずに救護をしてほしいものです、容疑者には厳罰を望みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする