大土潤容疑者が大麻を所持していたとして逮捕!SNSや顔画像は?

消防署に勤務する大土潤容疑者(25)が自宅に乾燥大麻を隠し持っていたとして警察に逮捕されました。

ここでは事件の詳細や容疑者の顔画像、薬物を持っていた理由、罪の重さを調べました。

スポンサーリンク




事件の詳細

今回の事件は5月20日、茨城県石岡市土浦市の自宅にて、大土潤容疑者(25)が乾燥大麻1袋を所持していた疑いがもたれています。

大麻を隠し持っているという情報で警察が自宅を捜索したところ、乾燥大麻だけでなく、それを吸う吸引器具や大麻草とみられる鉢植え数株が見つかったということです。

なお、乾燥大麻1袋を所持していたわけですが、重さなどの詳細は現在明らかにされていません。
鉢植えが見つかったことから大土潤容疑者は大麻を育てるつもりだったのでしょうか?

スポンサーリンク




大土潤容疑者の住所と勤め先は?

大土潤容疑者の住所は茨城県石岡市土浦市、勤め先は石岡消防署愛郷橋出張所になります。

 

 

 

スポンサーリンク




大土潤容疑者の顔画像など詳細は?

引用:headlines.yahoo.co.jp/

名  前 : 大土 潤

年  齢 : 25

職  業 : 消防士

住  所 : 茨城県石岡市土浦市

職  場 : 石岡消防署愛郷橋出張所

今回逮捕された土浦市容疑者の職業は消防士だったそうです。今回の逮捕は消防士の信頼を失墜させましたね。

なお今回、facebookなどのSNSに関する情報は載っておりませんでした。SNSをやっていない可能性があります。

スポンサーリンク




薬物を持っていた理由は?

今回逮捕された、大土潤容疑者、大麻を所持していた理由は「自分で使うため持っていた」と説明しています。

仕事が予想以上にキツく、精神的に参っていたときに気分良くなるといわれる大麻に手を染めてしまったのでしょうか?もしくは遊び半分で始めてしまったのでしょうか?

理由は明らかにされていません。

スポンサーリンク




罪の重さは?

今回の事件は大麻取締法違反にあたります。

この法律が成立するには「故意」、つまりわざとやったということが必要になります。

わかりやすく言うと、大麻草や大麻樹脂に関して、禁止されている行為をしている自覚があることです。

大麻取締法違反では、

「大麻ではなく合法ハーブだと思っていた」

という主張がされることがあります。

しかし、合法ハーブと呼ばれる薬物のほとんどは、違法です。

また、大麻に類似した薬理効果がある薬物だと知っていれば、法律上、大麻取締法上の故意はあるとされるケースが多いでしょう。
引用:xn--3kqa53a19httlcpjoi5f.com/

なお今回の事件は所持していたとして5年以下の懲役に該当しますが、鉢植えが見つかっているので今後栽培目的として変わりそうですね
なお栽培目的の場合、7年以下の懲役になります。

スポンサーリンク




まとめ

今回は消防士が薬物を所持していたニュースを取りあげました。
まだ若いのでいくらでもやり直せます。容疑者には更生を願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする