【なぜ?】迷惑防止条例違反で奈良県警50代男性逮捕!顔画像や名前を明かさず!

引用:mbs.jp/

香芝市内の駅で女性のスカートの中を盗撮した疑いで奈良県警の50代の男性が現行犯逮捕されました。

今回は事件の概要、逮捕された男性の顔画像や名前、SNSなどの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク




事件の概要

香芝市内の駅で女性のスカートの中を盗撮した疑いで奈良県警の50代の男性が現行犯逮捕されました。

引用:mbs.jp/

迷惑防止条例違反で現行犯逮捕されたのは、奈良県内の警察署に勤務する男性巡査長(50代)です。

警察によると男性巡査長は3月21日午後5時半ごろ、奈良・香芝市にある近鉄五位堂駅のエスカレーターで、専門学校生の女性(10代)に対し、ワンピースの下からスマートフォンを差し入れて盗撮しようとした疑いがもたれています。男性巡査長の動きを不審に思った目撃者の男性が、その場で取り押さえたということです。

警察によると、男性巡査長は精神疾患を患い、去年12月から特別休暇を取っていたということです。

男性巡査長は「女性のスカートの中に自分のスマートフォンを差し入れたことに間違いない」と容疑を認めています。
引用:fnn.jp/posts/

精神疾患を患っていたとはいえ、許されないニュースですね。

スポンサーリンク




プロフィール

名前 不明
年齢 50代
職業 奈良県警 巡査長

監察課は「個人が特定される」として巡査長の氏名、所属を明らかにしないそうです。よって顔画像やSNSに関する特定はできませんでした。

スポンサーリンク




今回の事件の重さは?

引用:pakutaso.com/

今回の事件は迷惑防止条例違反となります。

迷惑防止条例違反の初犯の起訴・不起訴率は公表されていませんが、初犯で犯罪の内容が悪質でなければ、不起訴処分、起訴されても罰金刑や執行猶予がつくケースが多くなっています。

ただし、犯罪が悪質であると判断されれば、重い処分が下されたり、条例ではなく刑法などが適用され、重い刑罰を科されたりすることもあります。

悪質と判断される具体例としては、以下が挙げられます。

  • 同じ被害者を執拗に付け狙い、長時間、長期間に渡って触り続けた痴漢行為
  • 特殊な機材を用いて行った盗撮
  • 自己の立場を悪用したケース(教師による生徒へのわいせつ行為) など

    引用:keiji-pro.com/

今回の内容は重い、いわゆる悪質なものであったとしたら

・暴行、脅迫などを行った場合は強制わいせつ罪

・人が管理する場所に進入した場合は住居侵入罪

・対象が18歳以下の場合は児童ポルノ規制違反

・つきまとい行為などの場合はストーカー規制法

となる可能性があるようです。

痴漢行為の場合、一般的には衣類の上から身体に触れる行為は迷惑防止条例違反となり、下着内に手を入れて触れれば強制わいせつ罪となると言われていますが、絶対ではありません。

痴漢行為が条例違反行為か強制わいせつ行為かは、痴漢行為の態様、状況を総合的に考慮して判断されますので「下着に手を入れなければ強制わいせつ罪にはならない」という理解は誤りです。

また、恋愛感情から来る好意や妬みなどに対するつきまとい行為は、ストーカー規制法となる可能性が高く、トラブルなどをきっかけに、嫌がらせを目的としたつきまとい行為に及んだ場合に対しては、迷惑防止条例違反となる可能性が高いと思われます。

ただし、こちらの区別も絶対ではないので、やはりケースバイケースでしょう。

このように、条例違反となるか別の刑罰法規違反となるかは基準が明確でない場合もありますので、当初は迷惑防止条例に違反として立件・逮捕されても、検察に送致後に検察判断でより重い刑罰で起訴される可能性も十分にあり、その逆もまた然りです。
引用:keiji-pro.com/

スポンサーリンク




精神疾患とは

引用:pakutaso.com/

具体的に精神疾患は神経症性障害うつ病総合失調症アルコール依存症などが挙げられます。

病気を抱える人に接するときは、家族として、友人として、または同僚として、心配していることを伝えましょう。「調子が悪そうだけれど、体調はどう?」 という声かけを繰り返して、信頼関係をつくることからはじめてみましょう。いきなり「診察を受けてみたら?」という声かけでは、うまくいきません。そし て、きしみの原因になった生活上の問題を探し、解決する方法をいっしょに考えるといいでしょう。そのうえで、「つらい」「眠れない」「死にたい」などの症 状を軽くするために「専門家の力も借りてみることも助けになりますよ」とすすめると、本人が積極的に受診することにつながるようです。
引用:min-iren.gr.jp

精神疾患を患った場合は周りのサポートが必要になりますが、逮捕された男性にそういったのはなかったのでしょうか。
もし自分の周りの職場の人、友人、家族がそういったことに陥った場合、声をかけていくべきだと思います。

スポンサーリンク




まとめ

今回の事件は周りの人の支えがあったらこのようなことは起きなかったかもしれません。
本人の更生を願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする