【悲惨】宮澤俊弘容疑者の顔画像は?周藤玄君をバスで巻き込み死亡!その場で現行犯逮捕!

4月19日、東京新宿区の都営バスが4歳の周藤玄君を巻き込み、死亡するという悲惨な事故が起き、過失運転致死の罪で宮澤俊弘容疑者(51)が現行犯逮捕されました。

ここでは事件の概要、起きた事故の原因と事故現場、宮澤俊弘容疑者のプロフィールならびにネットの声をまとめてみました。

スポンサーリンク




事件の概要

引用:headlines.yahoo.co.jp/

事故は4月19日午後3時ごろ、東京新宿区の都営バスが4歳の周藤玄君を轢き、巻き込んで死亡するという事故が起きました。

今回のニュースはFNN、テレ朝ニュース、産経新聞が取りあげられました。
詳細は以下になります。

19日午後、東京・新宿区で都営バスが4歳の男の子を巻き込む事故がありました。男の子はその場で死亡が確認されました。

 警視庁などによりますと、午後3時ごろ、東京・新宿区市谷本村町の路上で九段下行きの都営バスが近くにいた男の子を巻き込みました。救急隊が駆け付けましたが、男の子はその場で死亡が確認されました。バスの乗客にけがはありませんでした。警視庁はバスを運転していた宮澤俊弘容疑者(51)を過失運転致死の疑いで現行犯逮捕していて、当時の詳しい状況を調べています。
引用:headlines.yahoo.co.jp/

なお、事故現場は防衛省の近くという情報が来ております。
最近のコロナウイルスの影響により不要不急の外出を控え、自動車事故が減ったというニュースもある中で今回のニュースは非常に悲しいですね。

スポンサーリンク




起きた事故の原因は?

引用:pakutaso.com/

巻き込んだということで左折した際に巻き込んだと思われる今回の事件ですが、普通車両も含め、バスには死角が存在します。特にバスはその死角の範囲が広いそうです。

自動車、バス・大型トラックの死角は、車両のすぐ前方や後方、ピラーの影などいくつか存在しますが、その中で最も大きい死角が車両の斜め後ろにある死角です。

この死角は、バックミラーに写らない場所なので、ドライバーは左折しようとする際には目視確認が必要な場所ですが、大型車の場合は車高があるため隣の車線を走る自動車ですら隠れてしまうような大きな死角になってしまいます。

そのため、背が低く小さな自転車などは見落とされても不思議ではありません。
引用:escape.poo.tokyo/

ですが、そうした事故を未然に防ぐため、右左折時の確認を行っているようです。

交差点での死傷事故防止を目的として、右折時の死角確認や左折時の一旦停止確認を行っています。車体による死角が発生しやすい右折時には、体を大きく傾けて「死角の覗込み確認」を徹底しています。また、左折時については、特定箇所(※)を除き、横断者の有無にかかわらず横断歩道手前で必ず一旦停止し、安全確認を行ったうえで運行を再開しています。これらの安全確認を徹底して行うことで、見落としなど確認不足による事故防止を図っています。
引用:jrtbinm.co.jp/

しかし、この会社は以下の場合は確認を省いているようです。

(※)左折時の一旦停止確認を 除外 する特定箇所

・横断歩道がない交差点を左折するとき

・矢印信号の表示に従って左折すると

・車両・歩行者分離信号設置の交差点を左折するとき
引用:jrtbinm.co.jp/

運転手の確認を怠ったことによるものか、あるいは確認を省く箇所で4歳の子が突然バスに近いてきて轢かれたのか、いろいろ考えられますね。

スポンサーリンク




事故現場は?

事故が起きた場所は新宿区市谷本村町になります。

 

宮澤俊弘容疑者のプロフィール

名  前  :  宮澤 俊弘

年  齢  :  51

職  業  :  バス運転手

住  所  :  不 明

なお、今回は宮澤俊弘容疑者の顔画像、facebookなどのSNSに関する情報を特定することができませんでした。
今後情報が入り次第こちらに載せていきます。

スポンサーリンク




ネットの声

今回の事件に様々なネットの声が集まりました。

亡くなったお子さんはお気の毒ですが、バスの運転手を逮捕するより親に対して保護者監督責任を問うのが筋では?

子供の親は何してた!?

池袋の事故から1年経った今日、こんな事故が起こるなんて。
あの爺さんは逮捕されてないのに!

運転手が気をつけるにしても死角だらけのバスでは限界はあります。
原因をしっかり調べてこの運転手がミスしただけという結論に至らないことを願いたいです。
非常に気の毒な事件ですね。
引用:headlines.yahoo.co.jp/

今回は容疑者よりも男の子の親に対して非難が集まりました。
たしかに、事故当時、親は一体何をしていたのでしょうか、気になるところです。

スポンサーリンク




まとめ

今回の事故は残念でなりません。
今後バスに死角をなくす取組みができればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする