【過失運転】国益精吉容疑者の顔画像は?大型トラックで追突し逮捕!

4月4日、午後2時半ごろ、大阪・枚方市の第二京阪道路においてトラック3台が絡む事故が起き、3人が死亡したとして、追突した国益精吉容疑者(57)が逮捕されました。

ここでは、事件の詳細や事故が起きた現場の場所、容疑者のプロフィールならびに顔画像、罪の重さについてまとめてみました。

スポンサーリンク




事件の詳細

FNN、産経新聞より情報が入りました。

引用:headlines.yahoo.co.jp/

4日午後2時半ごろ、大阪府枚方市津田北町3の第2京阪道路下り線で車3台が絡む事故があった。府警高速隊などによると、路肩に停車した2台に大型トラックが追突、20~40代の男性3人が死亡した。他に男性(32)が負傷した。

 府警は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、大型トラックを運転していた大阪市住之江区、国益精吉容疑者(57)を現行犯逮捕した。
引用:sankei.com/

なお、容疑は認めていますが、不注意によるものであったと供述しています。

高速隊によると、死亡したのは奈良県桜井市の山口空矢さん(24)と同県平群町の川中浩章さん(28)、同県葛城市の寺田潤哉さん(47)。負傷した男性を含む4人は葛城市の廃材回収会社に勤め、4日は滋賀県草津市から会社に戻る途中だった。
引用:sankei.com/

警察によると、路肩に軽四トラックと3トントラックを止めて、男性3人が車の外で作業をしていたところへ20トントラックが突っ込んだという。
引用:headlines.yahoo.co.jp/

何も悪いことをしていないのにこういったことに巻き込まれるなんて、残念でしょうがありません。

スポンサーリンク




事故が起きた現場は?

今回の事故が起きた現場は枚方市の第二京阪道路下り線になります。

引用:headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn

 

なお、推測になりますが、以下の場所で事故が起きたものと予想されます。

 

スポンサーリンク




国益精吉容疑者のプロフィール

名  前  :  国益精吉

年  齢  :  57

住  所  :  大阪市住之江区

なお今回、容疑者の顔画像、ならびにSNSに関する情報を特定することができませんでした。今後情報が入り次第、更新していきたいと思います。

スポンサーリンク




罪の重さは?

今回の事件、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)が適用されるようです。

引用:pakutaso.com/

自動車を運転中に注意を怠って,人を死傷させるという類型は,当初は刑法の業務上過失致死傷罪で処理されていました。その後,平成19年に刑法が改正され,過失犯の特別類型として,自動車運転過失致死傷罪が設けられました。
引用:hamakado-law.jp/

なお、今回は過失ということになりましたが、道路交通法に関しても違反していた場合、罪の重さが変わっていきます。

① 過失運転致死傷罪のみで起訴された場合

 過去の事案によれば,飲酒運転やスピード違反などの道路交通法違反がなく,過失運転致傷死罪のみで起訴されている場合は,懲役刑ではなく,禁錮刑が選択される場合が多いです。初犯であれば執行猶予付きの判決となることが多いです。

 ② 道路交通法違反の罪も加わる場合

 過失運転致傷だけでなく,飲酒運転やスピード違反などの道路交通法違反も併せて起訴されている場合には,禁錮刑ではなく懲役刑が科されています。初犯であれば執行猶予付きの判決となることが多いです。
引用:hamakado-law.jp/

初犯でも懲役刑となるようです。運転には気をつけなくちゃいけませんね。

スポンサーリンク




ネットの声

今回の事故について、ネットでは・・・

前方不注意はもちろんですが路肩駐車は死亡事故につながると考えないと!突っ込んでくるかもまず考えて走行できるのであればSAなど駐車できるところまで走らないといけない。自分の命は自分で守らないと。

このような痛ましい事故が絶えない。が、本線上でない路肩の停止車両に、何故追突するのか?
理解に苦しみます。

停車している車両にぶつけたのだからほぼ10対0で大型トラックが悪いのだろうが、画像を見る限り一般車両っぽい2台のトラックは一体路肩で何をしていたのだろうか?荷物の載せ変えなら、PAやSAで作業する訳にはいかなかったのだろうか?高速道路の路肩には安易に停車すべきではないと再認識しました。
引用:headlines.yahoo.co.jp/

など、今回なぜこのような事故が起きたのか、不審な点がいくつか挙げられました。

スポンサーリンク




まとめ

過失であっても事故を起こせば逮捕されます。
みなさんも注意をして運転をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする