好きなシリーズは何位?金曜ロードSHOW!で人気1位の劇場版「名探偵コナン」放映!

幅広い年代で支持されている「名探偵コナン」が2月7日放送予定の金曜ロードSHOW!でファンの人気投票で第1位となった作品が放送されることが決まりました。

 
今回は名探偵コナンの歴史と人気になった理由、過去の劇場版の作品を紹介していきます。
 
スポンサーリンク




名探偵コナンの歴史

 
 
 
「名探偵コナン」は1996年1月8日から日本テレビ系列にて放送開始して20年以上続くご長寿番組です。
 
 
 
 
メインの内容(黒の組織との対峙)以外の内容が放送されたり、1話完結形式の話のほか、事
件が複雑で1話では解決できないことが多くなったりしたことで「前編」「後編」などの2話以上の構成になることが多くなりました。
 
 
 
そういったことから「アニメが原作に追いつく」という他の作品ではよくあることが、「名探偵コナン」ではないことから、長く続いている要因の一つとなっているようです。
 
 
 
長く続いていることによって今の子供たちにまで知られているから、幅広い世代にまで知られるようにもなったんですね。
 
 
スポンサーリンク




 

人気となったのは?

 
月曜19時台だった当時では関西地区で放送視聴率が平均25%を記録していた時期もある「名探偵コナン」。
また、昨年公開された映画「群青の拳」ではシリーズ最高興行収入が93億を記録し、100億突破もあるのではないかと噂されるほどとなっています。
 
 
本作が右肩上がりに盛り上がっているきっかけはなぜなのでしょうか?
 
 

新キャラクターの登場

 
理由は見出しのとおり、新キャラクターの登場です。
2016年に公開された「純黒の悪夢」ではキーパーソンとなった”赤井秀一”と”安室透”の登場で女性ファンの人気が爆発的に高まり、従来のファンだけではなく、一度コナンのファンを卒業していた大人たちが加わることで興行収入63億を記録するほどにヒットする作品となりました。
 
 
 
 
 
そこから勢いは止まることなく、2017年の「から紅の恋歌」2018年「ゼロの執行人」、2019年「群青の拳」と実写も含めた日本映画では上位に位置づくほどの人気になったようです。
 
 
 
 
その他にも劇場版本編の最後に流れる「来年」の予告です。
毎年、劇場版の本編最後には「来年の劇場版製作決定!!」という旨の予告映像が流れますが、2015年放映された「業火の向日葵」本編後にながれた予告(2016年)から来年の劇場版のキーパーソンとなる人物が明示するようになりました。
2016年の予告は”キール”と”バーボン”、2017年は”安室透”、2019年の予告には”怪盗キッド”、2020年の予告は”赤井秀一”といった流れです。
「今年これだけ面白かった、ということは、来年はさすがに難しいのでは?」というファンの不安を覚えるタイミングで「次はそう来るか!」と来年も盛り上がることを予感させるという思いを持たせることが、ファンを募らせる働きをしているみたいです。
 
 
たしかにその流れだと、来年の映画も気になって劇場に足を運んでしまいますね!
 
 
スポンサーリンク




映画以外では

 
2016年ごろから映画だけでなく、グッズにもより豊富になってきたみたいです。
キャラクターをイメージした香水や腕時計などのアパレル商品など、これまでにはない大人女性に刺さるグッズが販売されるようになったのは上記の通り女性人気が出始めた2016年以降のことです。
 
 

過去の映画作品

 
以下が過去の「名探偵コナン」の劇場作品になります。
※なお、今回投票できない作品があり、金曜ロードSHOW!で過去3年以内に放送した作品は対象から除外となっており、以下では青字が対象となります。
 
・時計じかけの摩天楼(1997年)
・14番目の標的(ターゲット)(1998年)
世紀末の魔術師(1999年)
・瞳の中の暗殺者(2000年)
・天国へのカウントダウン(2001年)
ベイカー街の亡霊(2002年)
迷宮の十字路(クロスロード)(2003年)
・銀翼の奇術師(マジシャン)(2004年)
・水平洗浄の陰謀(ストラテジー)(2005年)
・探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)(2006年)
・紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)(2007年)
・戦慄の楽譜(フルスコア)(2008年)
・漆黒の追跡者(チェイサー)(2009年)
天空の難破船(ロスト・シップ)(2010年)
・沈黙の15分(クォーター)(2011年)
・11人目のストライカー(2012年)
・絶海の探偵(プライベート・アイ)(2013年)
・異次元の狙撃手(スナイパー)(2014年)
・業火の向日葵(2015年)
純黒の悪夢(ナイトメア)(2016年)
から紅の恋歌(ラブレター)(2017年)
ゼロの執行人(しっこうにん)(2018年)
紺青(こんじょう)の拳(フィスト)(2019年)
 
 
 
1997年から毎年上映しているなんて!
ファンにはどれが1番おもしろいかなんてなかなか決められないですね!
 
 

まとめ

 
人気が衰えず、むしろ上がり続けている「名探偵コナン」!
これからも目が離せませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする