川島正雄容疑者の顔画像は?ビールジョッキで人を殴り逮捕!

横浜市中区寿町にある飲食店の経営者の女性に対し、ビールジョッキで殴ったとして、住所不定、無職の川島正雄容疑者(74)が逮捕されました。

ここでは事件の詳細、犯行動機と犯行現場、また現場の地域の特徴、川島正雄容疑者の顔画像、ネットの声などをまとめてみました。

スポンサーリンク




事件の詳細

引用:pakutaso.com/

4月18日、横浜市中区寿町にある飲食店にて川島正雄容疑者(74)は経営者の女性(51)に対し、ビールジョッキで額を殴り出血を負い怪我をさせたとして逮捕されました。

このニュースは産経新聞より情報が入りました。

女性をビールジョッキで殴り、けがを負わせたとして、神奈川県警伊勢佐木署は18日、傷害の疑いで、住所不詳、無職の川島正雄容疑者(74)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午前2時40分ごろ、横浜市中区寿町にある飲食店で、経営者の女性(51)の額をビールジョッキで殴りつけて、出血を伴うけがを負わせたとしている。

 同署によると、居合わせた客が同署に通報し、駆けつけた同署員が身柄を確保した。現場周辺は簡易宿泊所が立ち並び、住民の半数以上が65歳以上の高齢者が占める地域。緊急事態宣言の発令を受けて、地域内では営業を自粛する飲食店もあり、現在は開いている店に人が集まりやすくなっているという。
引用:sankei.com/

スポンサーリンク




犯行動機は?

引用:pakutaso.com/

容疑者はビールジョッキで怪我を負わせた、とありますが容疑者がそのジョッキでお酒を飲んでいたとしたらお酒を飲んだ状態で経営者の女性と口論になってついカッとなった、という可能性があります。

詳細は今のところ不明となってます。情報が入り次第こちらに載せていきたいと思います。

スポンサーリンク




犯行現場は?

犯行現場が起きた場所は横浜市中区寿町になります。

 

スポンサーリンク




事件が起きた寿区とは?

引用:pakutaso.com/

事件が起きた寿区とはどういったところなのか、調べてみました。

横浜の寿区は東京の山谷、大阪の西成と並んで「日本三大ドヤ街」といわれています。

寿地区は、戦前、横浜大空襲により一帯が焼け野原となった。戦後、米軍に接収され、1950年の朝鮮戦争勃発で米軍の軍需輸送が増えたことをきっかけに、日雇い労働者たちが集まってくるようになったと言われている。

 寿地区を歩いていると、港町ということもあってか、港湾関係の企業の看板が目立つ。実際、集まってくる労働者たちも港湾作業に従事する人たちが多いという。ここが、建設作業員の集まる山谷や西成との違いだ。

ここ横浜の寿地区では、ホームレスを見かけることはない。見かけるのは高齢者と港湾作業員、バックパッカーの外国人や、ごく一般のビジネスパーソンといった面々ばかりだ。しかし町の雰囲気は暗く重い。そして、ピリピリとした緊張感が辺りを覆っている。
引用:diamond.jp/

決して治安の良いところではないようですね。

スポンサーリンク




川島正雄容疑者のプロフィール

名  前  :  川島 正雄

年  齢  :  74

住  所  :  不 詳

職  業  :  無 職

なお今回、容疑者の顔画像、ならびにfacebookなどのSNSの特定に至ることができませんでした。
こちらは今後情報が入り次第こちらに情報を載せていきたいと思います。

ネットの声

飲酒したいなら購入して自宅で飲めばいいのに。
なんでわざわざこの時期に店で飲むのかね?

この辺の人間に自粛と言っても無駄だね!

店の店主も怪我をした事はかわいそうだが、要請も守らずこんな時間まで営業してるような店だから同情に値しない気もする!

こういう酒絡みの事件があるたびに書いてるが、飲む人によって、自分を制御できなくなる酒はこの世に必要ない。
麻薬と一緒だよ。
引用:headlines.yahoo.co.jp/

起きた事件の場所が場所なので、しょうがないという声が一部集まりました。

スポンサーリンク




まとめ

お酒を飲めば判断が鈍くなるのは誰でも同じだと思います。だけど人に対し手をあげるのは間違っている行為です。
犯人には更生を願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする