小林英治の顔画像特定!元タクシー運転手のあおり運転はなぜ起きる?短気な性格か?

中央道であおり運転をしたとして元タクシー運転手の小林英治容疑者(56)が逮捕されました。

あおり運転の規制が厳しくなってからもなくなる気配がないですね。
一体何が原因で今回の事件が起きたのでしょうか?

今回は事件の概要と、犯行現場、犯行動機と小林容疑者の詳細情報、ネットの声をまとめてみました。

スポンサーリンク




事件の概要

事件は2020年7月に起きました。

警視庁によりますと、元タクシー運転手の小林英治容疑者は今年7月、府中市の中央自動車道の上り車線で車を運転中、50代の男性が運転するトレーラーを追い抜き、ブレーキをかけて停車させるなどあおり運転をした疑いがもたれています。 小林容疑者は自分の車の前にトレーラーが車線変更してきたことに腹を立てたとみられ、およそ1分間にわたりトレーラーを停車させたのち、車から降りて「ふざけんじゃねえぞ、この野郎」などと暴言を吐いたということです。
引用:news.yahoo.co.jp/

小林容疑者は事件当時、タクシー会社に勤めていますが、事件後解雇されてしまいます。

運送会社でドライバーとして働いていた小林容疑者は、3か月間、警視庁の出頭要請に応じていませんでしたが、その理由について「免許証を取り上げられてしまうと、仕事ができなくなると思った」と供述していることが分かりました。また、小林容疑者は「深く反省している」と話しているということです。
引用:news.tbs.co.jp/

仕事ができなくなると思った」というところは小林容疑者の自分のことしか考えていない気持ちが感じられますね。

また、事件当時の小林容疑者の車は以下になります。

引用:news.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク




事件現場は?

今回、あおり運転をした事件現場は東京府中市の中央自動車道の上り車線とのことです。
正確な場所の特定までには至りませんでした。

あおり運転をしたということは後続を走ってくる車に対しても迷惑をかけましたが、申し訳ない気持ちはなかったのでしょうか?

 

犯行動機は?

事件の内容から、前を走っていたトレーラーが自分の前に車線変更をし、立腹したことが今回の事件の動機です。
一時の感情で全てを失うこともあるので気をつけたほうがいいですね。

容疑者は非常に短気な性格なのでしょうか?

スポンサーリンク




小林英治容疑者の詳細情報

引用:news.yahoo.co.jp/

名  前 : 小林 英治

年  齢 : 56

職  業 : 運送会社ドライバー(事件当時:タクシー運転手)

住  所 : 不明

今回、小林容疑者のfacebookなどのSNSに関する情報を特定することができませんでした。
今後情報が入り次第こちらに載せたいと思います。

ネットの声は?

今回の事件に対し、ネットの声があがりました。

全てでは勿論ないですが
タクシーは運転が荒いです。
かなり遠くからクラクション鳴らしたり
強引に車線変更します。
看板を背負ってる車でよくやるなと
いつも思います。
タクシー現役時代も煽りまって
いたと思います。
運が悪かったと逆恨みして
反省なんか1ミリもしないでしょう。

逮捕されるくらいだから 相当悪質な事をしたという事だね

交通トラブルの原因はカチン!と来るような運転を身の回りで受ける事から始まるのが多いから トラック側も何かやらかしたんでしょう ただ 悪質だった方が逮捕されただけでは。

最近 トラックの運転の荒さが目立っている気がします、速度は運航管理上で指摘されるから 速度違反は少ないものの 無理やりな割り込みは何処でも見掛ける光景です

頭が入れば 捩込んできたりするし 割り込んだら車間がないくらいの所でも平気で入ってくる ドラレコ搭載車が増えつづける中では運送会社は指導した方がいいでしょうね。

しかし元タクシー運転手がこれとは まぁ元からそういう人間なんでしょう。
引用:news.yahoo.co.jp/

「タクシー運転手は運転が荒い」という声が多く届きました。

スポンサーリンク




運転が荒いのはなぜ?

ではなぜ、タクシー運転手がなぜ荒いのか、調べてみました。

1日のノルマに必死

タクシー業においてもノルマがあります。多くのお客様を乗せたいから、スピードが出るのも当たり前なのでしょうか?

運転の慣れによるもの

タクシードライバー以外の運転をする人、全員に言えることですね。
ですが慣れは危ないものです。気をつけましょう。

スポンサーリンク




まとめ

今回は元タクシー運転手のニュースをお伝えしました。
容疑者にはしっかり反省してほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする