【犯行動機は?】文教大学准教授・浅野正容疑者が妻を刺して逮捕!強い殺意か!?

引用:headlines.yahoo.co.jp/

文教大学の准教授・浅野正容疑者(51)が妻の16日午後6時ごろ、法代さん(53)の胸などを複数回刺し、殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

今回はこの事件の概要、浅野正容疑者の顔画像や犯行現場や動機、今回の事件におけるツイッターの声をまとめてみました。

スポンサーリンク




事件の概要

文教大学の准教授・浅野正容疑者(51)が妻の16日午後6時ごろ、法代さん(53)の胸などを複数回刺し、殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

引用:youtube.com/

16日午後6時ごろ、さいたま市浦和区高砂3丁目の埼玉県庁前路上で、さいたま少年鑑別所の職員浅野法代さん(53)が刃物で刺され、病院に運ばれたが死亡した。県警は殺人未遂の疑いで、現場にいた文教大人間科学部臨床心理学科の准教授で、法代さんの夫とみられる浅野正容疑者(51)を現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替えて経緯を調べている。
引用:tokyo-np.co.jp/

なお、今回の事件は自転車に乗っていた法代さんの後ろからおいかけ、押し倒し馬乗りになった状態で包丁で刺したといわれています。

深い刺し傷があることから、強い殺意を抱いているということが感じ取れますね。

スポンサーリンク




犯行現場

埼玉県庁前のさいたま市浦和区高砂3丁目で事件が起きたということなので、おそらくこの周辺になります。

 

スポンサーリンク




浅野正容疑者・法代さんのプロフィール

引用:headlines.yahoo.co.jp/

名前 浅野 正
年齢 51
住所 埼玉県越谷市
職業 文教大人間科学部臨床心理学科の准教授

犯罪心理学を研究されていた浅野正容疑者。犯罪被害者を支援する活動にも取り組んでいたそうです。まさか、そんな人が加害者側になってしまうなんて誰も想像できなかったのではないでしょうか?

名前 浅野 法代
年齢 53
住所 不明
職業 法務省職員

搬送先の病院で死亡した法代さんは、さいたま少年鑑別所に勤務する法務省の職員だった。

さいたま少年鑑別所・玉井清一次長「優秀な職員。仕事熱心で人格も円満。少年たちのお母さん的な役割を担えるような、優秀な職員だった」
引用:headlines.yahoo.co.jp/

そうなると、今回の事件を起こした動機というのは一体なんなのでしょうか?

スポンサーリンク




犯罪動機

引用:pakutaso.com/

妻の法代さんとは別居中だったという報道も一部あるため、夫婦間でのトラブルが原因ではなかったのではないかと言われています。

スポンサーリンク




ネットの声

今回の悲惨な事件にツイッターでは・・・

スポンサーリンク




まとめ

見た目からとても今回のような犯罪を犯す人には見えないという声が多かったかもしれません。
容疑者の更生を願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする